私たちの組合活動

第11期活動方針

2022年度 大会スローガン「<続>つながる組合活動~深化と継続~」

(1)組織強化
  • ・新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、「新しい生活様式」を踏まえた運営を引き続き行う。地域活動を進め、組合活動への参加参画により当事者の拡大と育成を行う。活動においては、オンラインと対面での活動を両立させ、新しい価値観のもとで相乗効果を上げていく。
  • ・組合ホームページを主体とした情宣手段を駆使し、組合員が容易に組合活動についての情報を取得し、収集できるような連携強化を図る。
  • ・UAゼンセン「目標達成運動」への取り組みを継続する。
  • ・執行部としての責任意識の向上のため、上部団体活動・研修へ積極的に参加し見聞の拡充に努める。
(2)労働条件・労働環境の維持向上
  • ・「ウィズコロナ」「ポストコロナ」時代の社会経済活動の変化に対応しながら、生活と仕事を安定して両立できる労働環境づくりと、社会水準への到達を意識した賃金や労働条件の維持向上に取り組む。
  • ・総実労働時間の実態を把握し、その改善と36協定の遵守に努める。
  • ・暫定労働協約の本協約化に取り組む。
  • ・これまで改善要求にて継続協議となっている事項を前進させる。
(3)産業政策への取り組み
  • ・厳しさを増す社会環境や経済環境、そして私たちが属する流通産業における単独の労使交渉では解決し難い課題の解決と社会的地位の向上のために、上部団体と連携し、国政や地方行政を通じ産業政策制度要求の実現に向けた取り組みに引き続き参画する。
(4)社会貢献活動等への取り組み
  • ・自単組もしくは上部団体と連携し、エコ活動や署名活動といった各種運動に積極的に参画し、社会貢献活動に引き続き取り組む。

社会貢献活動

UAゼンセンボランタス活動「家庭に眠る小さなお宝キャンペーン」
「家庭に眠るお宝キャンペーン」とは、上部団体であるUAゼンセンで取組んでいるボランティア活動です。書損じはがきや切手など、家庭に眠っている価値あるグッズを開発途上国の人々の支援に役立てるリサイクル活動です。集められたグッズはNGO・NPO団体に贈呈し、換金されて海外プロジェクトや活動資金として活用されます。
SSUA平和運動「千羽鶴献納」
平和運動の一環として、SSUA加盟組合と連携して千羽鶴の制作を行っています。 組合員の皆様にご協力をいただき、毎年、広島市や長崎市へ献納しています。
CDU支援活動「キャップの貯金箱」
キャンドゥユニオンでは、ペットボトルキャップの回収活動を行っています。 回収したキャップをNGO団体に送付し、そこからリサイクルメーカーに売却され、再生プラスチック原料として換金することにより、 医療支援や障がい者支援など、様々な社会貢献活動にあてられています。 また、「CO2」の削減にもなり、環境保全に努めています。

政治活動

キャンドゥユニオンが取り組む政治活動

私たちの賃金や一時金などの労働条件や職場環境などの問題は、会社との交渉で解決をはかることができます。
しかし、労使交渉でいくら賃金や一時金を上げても私たちの暮らしがすべて良くなるわけではありません。
私たちの日常生活には、子育てや医療、介護、老後の年金など様々な問題が密接に関連していて、組合と会社だけでの協議では解決できない問題が数多くあります。
労働組合は、働く者の生活をより豊かにするために、労使間では直接解決できない課題を政策・制度要求として政治の場に改善を求めます。

これが、労働組合の政治活動です。

キャンドゥユニオンは、UAゼンセンやSSUAとともに、私たちと同じ理念・政策を持ち、私たちのために働いてくれる「代表」を応援して国政や地方行政の場に送り出す活動を推進しています。

労働組合は私たちの生活をより豊かにすることが目的
ただし、労使間だけでは解決できない課題も…(社会保障、税制、産業政策など)
政治の場に改善を求めていくことが必要!!
私たちの声を届けてくれる「代表」を送り出そう!!

私たちや私たちの家族の幸せ、流通産業で働く者の幸せ、流通産業の発展のために、
政治活動へのご理解とご協力をお願いします!!